会則

兵庫県立宝塚東高等学校同窓会会則

第1章  総  則

(名   称)
第1条  本会は、兵庫県立宝塚東高等学校同窓会とする。

(事 務 所)
第2条  本会の事務所は、兵庫県立宝塚東高等学校内に置く。


第2章  目的及び事業

(目   的)
第3条  本会は、母校の後援、会員の親睦及び相互の教養を高め、
     公共への寄与貢献を目的とする。

(事   業)
第4条  本会は、次の事業を行う。
      1.母校の後援事業に必要とする事項
      2.母校の前進に対する援助に関する事項
      3.同窓会名簿、同窓会誌の発行及び同窓会会館の設立
      4.会員の慶弔、慰問、互助
      5.その他、前条の目的を達成するに必要な事業


第3章  会  員

(会   員)
第5条  本会の会員は、次の通りとする。
      1.正会員  ア.兵庫県立宝塚東高等学校卒業生
             イ.兵庫県立宝塚東高等学校に在籍した者で、
               会員の推薦により理事会の承認のあった者
      2.特別会員   兵庫県立宝塚東高等学校現職員及び旧職員


第4章  役  員

(役   員)
第6条  本会には、次の役員を置く。
      1.名誉会長   1 名      5.評議員    若干名
      2.会  長   1 名      6.会  計   2 名
      3.副会長    2 名      7.会計監査   2 名
      4.理  事   若干名      8.相談役    1 名

(役員の選出)
第7条  役員の選出は、次の通りとする。
      1.名誉会長には、兵庫県立宝塚東高等学校長の職にある者を推す。
      2.会長及び副会長は評議員会において、正会員の中から選出する。
      3.理事は、学年で男女1名ずつを、正会員の中から選出する。
      4.評議員は、各クラスで男女1名ずつを、正会員の中から選出する。
      5.会計及び会計監査は、評議員の中から選出する。
      6.相談役には、前会長であった者を推す。

(役員の職務)
第8条  役員の職務は、次の通りとする。
      1.名誉会長は、本会の重要皆無について、必ず相談を受ける。
      2.会長は、本会を代表し、本会の事務を総理する。
      3.副会長は、会長の職務を補佐し、会長事故ある場合は、
        その職務を代行する。
      4.理事は、会員を代表し、重要会務を審議する。
      5.評議員は、会長の命をうけ、事務の執行及び事業の
        計画遂行にあたる。
      6.会計は、本会の会計を担当する。
      7.会計監査は、本会の会計について、これを監査する。

(役員の任期)
第9条  役員の任期は5年とする。ただし、再任は妨げない。


第5章  総会及び会議

(総   会)
第10条  総会は、本会の最高議決機関であり、正会員をもって構成する。定期総会は5年毎に開催し、次の事項を行う。ただし、会長が必要と認めた時及び構成員の1/3以上の要請があった時は臨時総会を開催する。

      1.会務及び事業報告
      2.会計報告及びその承認
      3.役員の承認
      4.事業計画及び予算の審議
      5.その他、理事会において必要と認めた事項

(会   議)
第11条  理事会は、会長の委任を受け、諸種の議案を審議決定する。

第12条  理事会は、通常総会の前に会長の召集によって、これを開く。
      また、会長が必要と認める時は、臨時に開くことができる。

第13条  評議員は、会の常務を審議し、執行する。


第6章  会  計

第14条  会費は入会時に徴収する。各年度の会費の額は、評議員会で決定する。

第15条  会計年度は、4月1日より翌年3月31日までとする。


第7章  会則の変更

第16条  本会会則の変更は、評議員の同意により、総会の承認を経ることを
      必要とする。





附則   この規則は昭和52年12月25日から施行する。
          昭和54年8月26日会則の一部を改正する。
          昭和55年8月24日会則の一部を改正する。
          昭和56年8月23日会則の一部を改正する。
          昭和60年8月25日会則の一部を改正する。
          昭和62年8月30日会則の一部を改正する。
          平成13年1月 7日会則の一部を改正する。